上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は足の大きさについてお話したいと思います。
これも、リハビリの先生が教えて下さいました。

先生「靴は重要です。足の大きさにあった靴を選んで下さい。」
そして先生は、私の足のサイズを測り始めました。

さて、この、「サイズ」なのですが…

日本の靴のサイズは、JIS(日本工業規格)に基づいて、
足の長さ(足長=そくちょう)と
太さ(足囲=そくい)の
二箇所の寸法を表示するようになっています。
(足と靴と健康協議会、サイトより)

…ということです。

足の長さ(足長)は、日本ではcmで表しますね。例えば23.5cmとか。

太さ(足囲)、というのは親指の付け根と小指の付け根を2点として、
足の周りをぐるっと一周させた時の長さです。
足囲はアルファベットでEとかEE(2E)などと表され、
ワイズ、と先生はおっしゃっていたと思います。
一般的にいわゆる「足の幅」、といわれているヤツです。
(足囲と足幅は違うものですが、イメージはしやすいと思います。)

どこを測るのか、具体的な骨格図がありましたので付けておきますね。
靴のサイズについて 形と質も重要

私は以前、靴屋さんで測って頂いたことがありますが、その時は24のEかEEだったと思います。

そして今回、先生が測った結果は…

24のAかAA

…通常に比べて、かなり短い(細い)そうです(驚)。
それは一体、どういうことなのでしょうか?

先生のお話では、足の骨自体が普通の人に比べて細いそうで、
そのため足囲はAかAAなのだそうです。

そして先生は、私の足の幅広になっているところをつまみながら

「これはお肉です。」

へっ?!何ですと?
…痛いところを突かれたみたい(汗)。
Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/96-e95c3f6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。