上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お店情報も一服、そろそろ(いい加減に?笑)お話を戻すことにします。

再診の途中からでしたね…キリも悪かったです(汗)。
それまでの再診の経緯はこちらをご覧下さい。 → 再診1 再診2

それで…続きです。

先生に4)を質問しました。

手術をしないで済ませている間に新しく確立されそうな術式はありそうでしょうか…?
例えば臼蓋内転骨切り術(AAO)はいかがでしょう?

先生は「ここには色々な話が常に入ってきていますが、新しく確立されそうな術式はありません。」

この病院は、規模の大きい病院(多分)だと思いますが、
院内でも確か、整形外科は力を入れている診療科の一つだったと思い出しましたので、
入る情報の量も多いだろうと思いました。

また、確立、という言葉ですが…、
厳密に使うには例数も必要ですし、相当の臨床年月を経る必要もあると思います。

「私が手術をしないで済ませている間」というのを
先生的には数年~10年以内と想定している(涙)と考えると、
例えばAAOがその間に「確立」という言葉を使えるかどうかについては
年数的に意見が分かれるところかな、と思いました。

先生は「AAOはよい話を聞いた後、よくない話も出ています。
手術としては、AAOはRAOと同じくらいと考えています。」

とのことでした。多分、病院の方針外のことを伺ったと思うのですが、
けんもほろろ、という感じでは全くなく、
正確で誠実に答えようとして下さっているな~と感じました。
Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/84-c100656a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。