FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(初めていらっしゃった方はこちらもどうぞ→ブログの簡単な内容紹介


2月、皆様いかがお過ごしでしょうか?

1月は少し用事も減り、その分筋トレの時間が確保できました。
また、歩数稼ぎも思ったよりできていましたが、
どちらも「できました!」と言うにはやや恥ずかしい程度でした…(汗)。

股関節の調子はまずまずで助かりました。
でも調子のよいうちに、しっかりトレーニングしなくちゃね。


お話は変わりますが、人工股関節に使われる素材について
新しい試みを見つけましたのでご紹介します。

人工股関節の部品のうち、大腿骨を受ける側(=骨盤側)で使われるものの中に、
ライナーと呼ばれるおわん型の部品があります。

人工股関節は、
ライナーが大腿骨側の骨頭ボールを受け、
ライナーの中で骨頭ボールが動くことで
股関節のように動く、という仕組みになっています。

人工股関節の問題の一つに、このライナー自体が磨り減って粉になり、
その粉を異物と認識した生体反応が(?)骨を溶かす方向に動いてしまう、
ということがあるそうです。

それは、人工股関節を埋めていた骨盤や大腿骨の骨を溶かすことになり、
人工股関節がゆるみ、再置換につながるそうです。

そこで、ライナーが磨り減りにくい工夫を…ということで、
ライナー側にMPCポリマーという素材をくっつけることに成功した、
…という内容です。

MPCポリマーは、コンタクトレンズや人工心臓にも使われている素材だそうで、
これをくっつけたライナーは磨耗しにくいようです。

これは東京大学と日本メディカルマテリアル社が共同で開発した
アクアラ(Aquala)という技術だそうです。

以下、アドレスを貼り付けますね。

技術について
アクアラ

会社はこちら
日本メディカルマテリアル社HP

新聞記事
人工股関節 長持ちさせたい

寒さも本番のさなか、皆様も股関節、お大事に♪


(拍手を頂きましてありがとうございました♪)
Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/196-4b36e6f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。