上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(拍手やコメントを頂きましてありがとうございます。

いくつかのお話を通して、
年齢や骨の状態、症状などは
一人ひとりで本当に違うものなのね…とあらためて感じました。

それゆえでしょうか、
医師から勧められる治療方針や手術に対する考え方などは、
色々あってある意味当然かもしれない、とも思いました。

一人ひとりの背景は相当違っていても、
痛みのより少ない生活をしたい気持ちは同じかと思います。

私も含めて皆様が自分に合った養生方法を見つけて
「調子の良い日」が1日でも増えるとよいな、と思います。)


さて…。

前回の受診から3ヶ月経ちまして…
再度、レントゲン写真を撮りました。

前回までのお話では、レントゲン撮影は
大体半年~1年くらい毎に行うとのことでしたが、

まずは、私が「早く進みそうなタイプ」か、
それとも「ゆっくりタイプ」かを見るため
早めの撮影となりました。

結果は…変化なし、でした。

軟骨の減りはなく、厚みも健康な人と同じくらいある、とのこと。

右の方が(左よりも)硬化層(軟骨が硬くなっているところで、
レントゲン写真では白くはっきり線のように見えるところ)が少し多い、

つまりそれは、右の方が(左よりも)負担がかかっているということなのだそうですが、
右の軟骨も厚みがあるとのことでした。

軟骨が減ると股関節症が進行するそうですが、
今の段階では、その進行の入り口にも入っていない…らしいです。

Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/155-816404f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。