FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…そんな具合で次回の予約を取って、先生の診察を終えました。

それから、診察の時に伺った「30代以降でRAOを受けた例」について
後でいくつか考えてみました。…それについては少し前に書いた通りです。

なお、30代以降の人が早い段階でRAOを受けることについて、
私は否定している訳ではありませんので、念のため申し添えます。

それは、RAOを受けることによって、
(リハビリして歩けるようになってから)「股関節が痛くない生活」を
あるまとまった期間過ごすことができるだろうと思うからです。

痛い生活をずっ~と続けること自体辛いと思いますし、
あまり心配しないで身体を動かせるなどの「気の晴れた状態」は
精神衛生上、少しでも長い方がよいと思います。

また、年齢の若いうちの方が、したいことも多そうだと思うと、
「より活動できる年齢時に股関節が痛くない」というのも
人生の上で大きなことではないだろうか、とも思います。

…そのように考えますので、
早い段階でRAOを受けるという選択にも立派な理由があると思います。

ただ私の場合は、もしRAOをするなら少し先の方が、
私の希望により合いそうかな、と思った訳です。

…自分が今後どのように生きたいか、ということを考えさせられますね(笑)。

Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/131-852c0f57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。