FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話が前後してしまいましたが、主治医の先生とのお話に戻りますね。

用意してきた質問の中から、3)を質問をしました。

3)以前、50歳で人工股関節置換と伺いました。今そんなに悪いとも思えないのですが、
急に悪くなるものなのでしょうか?

先生は
「急に悪くなる、というものでもありません。
おおむね、10~20年かけて少しずつ悪くなっていきます。

悪くなっていく様子は、スコアリングをして点数の変化をみたり、
歩ける距離が短くなるとか夜中に痛いなどの症状が
新たに出たり変わってくることで分かります。」

どくとるRAOのお話では「進みだすと早いだろう」とのことでしたが、
主治医の先生のお話では、急に悪くなってしまうというものでもないみたいです。

早い、というと、私のイメージとしては
例えば半年~1年位の「あっという間に」歩けなくなってしまう、みたいに考えていました。

どくとるRAOはどのくらいの期間をイメージして
「早い」とおっしゃったのか今では分かりませんが、
主治医の先生のお話を伺うと、私の持っていたイメージよりは
時間があるように思われました。
…それでも「2~3年」とか「5年位」などの可能性があるのですが(汗)。

ところで、50歳という年齢でふと思いついたことがありましたので、
さらに質問しました。
「閉経すると急に悪くなったりするものでしょうか?」

先生は
「閉経は少し関係するかもしれませんが、あまり関係はないと思われます。
閉経によって骨密度が低くなる傾向がありますが、骨密度はすぐに悪くなるわけではなく、
ピークである30代からストンと落ちるわけではありません。
低さが目立ってくるのは70代位からです。」

人工股関節置換のことを考えると骨密度は大切かと思いますが、
とりあえず閉経と軟骨はあまり関係がなさそうでヨカッタです♪

軟骨も「骨」という文字があるだけに…ちょっと心配したのでした(笑)。

Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/125-01a6c47a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。