上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて…!宿題(=靴を買う)を終え、受け取ったその場から新しい靴を履き始めました。

…ピッタリで窮屈、かかとにはマメができました(無謀)。

でも日にちが経つにつれ、その「ピッタリさ」がなかなか心地よく、
一方で「窮屈さ」はあまり感じなくなりました。

そんなことで数週間経ち…、リハビリの先生に会いました。

先生は早速、靴の調整をして下さいました。
靴の調整、と書きましたが、実際には靴の中敷の調整です。

どんな風にして下さるかというと…。

まず私が、きちんと靴を履いた状態で両脚をそろえて立ちます。

その姿勢を先生が正面や側面からご覧になり、
時には片脚に少し重心を移させたり、肋骨や骨盤、膝や足首の位置などを確認したりして、現状を把握。
そして先生は、靴の中敷を部分的に増やすなどして調整…。

こんな感じです。

調整して頂く前は、まっすぐ立っているけれども何となくふらついている感じがしていましたが、
調整直後から、それは全くなくなっていました。

また、前回先生から教わった筋トレメニューに
「かかと→小指の付け根→親指の付け根→親指」の順に力を移動させながら爪先立ちをする、
(そして、逆順で力を移動させながら戻す)

という動作があったのですが、

調整直後から、かかと→親指へ真っ直ぐ力が入っている感じがしました(驚)!
まだ小指経由というところまではいきませんでしたが、
かかと→親指への力の移動がとてもスムーズです。

中敷を調整するだけで、こんなに違うのね!!!
…びっくりしました(本当)。

私の驚きはあまり気にせず(笑)先生は、
「今は靴幅がCですが、幅はいつか、さらに細くなると思います。」

…う~ん、そうかもしれません。
中敷マジックを見た直後ですから、先生のお言葉には疑う余地がないです(笑)。

そして、
「一ヶ月後には、また歩き方は変わってくると思います。」
とのこと。

とりあえず、ひと月ほどはこの中敷で履くことになりました。
一ヵ月後に楽しみができました♪

Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/116-652f0ad8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。