上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
靴ひもの締め方はよく分かりました。

それによって、今履いているスニーカーの幅が
大き過ぎることもよく分かりましたし(笑)、
やはり「Aの幅を見つける必要がある」ってことも
よーく分かりましたよ(汗)。

ひも靴を選ぶポイントは色々あるようですが、その中でも先生は
「かかとや足の後ろ側と、靴の間に隙間があってはいけません。」

…つまり、靴のかかとを中心とした後ろ側面は、
足にぴったりしていなくてはならないのだそうです。
足のかかと全体が、靴で軽く押さえられて
安定していることが大切なようです。

先生「靴を履く時は靴べらを使ってください。」
靴べらは、かかとの形を保ちながら履けるアイテムなのだそうです!

例えば靴べらを使わないで、かかとの辺りを指で引っ掛けて履くと、
かかとところがすぐに伸びてしまうのだそうです。
革は特にそのようです。

かかと部分が伸びてしまうと
靴でかかと全体を押さえにくくなって安定しない、ということですね。

ふ~ん、なるほど。
知らぬことばかりで驚きの連続でした。
靴べらなんて、靴ひも以上に存在意義を知りませんでしたし(笑)。

靴べらで自分のかかとを滑らせて靴を履いた後は、
かかとを床や地面に軽く「トントン」と打ちつけるとよいそうです。
それは、自分のかかとと靴の後ろ側をぴったりさせるためです。
そして、足の甲全体で締めるように、しっかりひもを結ぶ…。
靴の履き方に、奥深い理論があったのですね。

最後に先生は遠慮がちに、
「つえをつくことも頭の片隅に入れておいて下さい。」
とおっしゃいました。

あまり何も考えず、「はい。」と返事をして終わりました。
Secret

TrackBackURL
→http://sphinxshonan.blog6.fc2.com/tb.php/100-3cc38fb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。